紫外線によってもたらす肌悩みとは?

■美容・健康

毎日、紫外線対策をされていますでしょうか。身近なものは、日傘や日焼け止めを塗ることです。デイリーで必要なアイテムになっています。

ところで紫外線ってなんでしょうか。

※参照元:紫外線環境保健マニュアル2020

可視光線は、目に見える光のことをいいます。一番わかりやすいのが雨と光で自然に発生している虹です。あのキレイな虹はまさしく可視光線です。

では赤外線は?身近だと家にあるテレビのリモコンです。赤いランプがありますでしょ。そこから出る赤外線の光りを使ってテレビをON⇔OFFしています。

その他にも、冬に使う遠赤外線のハロゲンヒーターです。また、赤いレーザービーム光線のグッツなです赤外線の光は、目に見えません。いLEDを使って作り出しています。

最後に紫外線です。紫外線も実は見えない光です。特に目に見えない光を毎日、ケアをしなければなりません。

紫外線は、上の図をご覧のとおり、UVーAからUVーCまでと波長で分かれています。
私たちが普段の生活から気にかけなければならないのが、UV-AとUVーBです。

UVーAは、UV-BやUV-Cに比べて影響は小さいですが、その多くが地表に届くため、
長い時間あたると肌などに影響があることが懸念されています。
(紫外線環境保健マニュアルより)

前回、サンタンとサンバーンの事を書きましたが、下記の「紫外線のうそ・ほんと」の話しがでるぐらい、みなさん気にかけている話題の一つでもありいます。

サンタン、サンバーンの状態は、UV-A、UV-Bを浴びてしまった結果だと言うことが
理解できると思います。

UVーAとUV-Bって?

先程もお伝えしましたが、波長が短い紫外線は、残念ながら人の目には見えないと
言われています。なんと!鳥や昆虫たちは紫外線が見えているらしいです。

下記の図は、月間のUV-AとUV-Bの月間の変動推移になります。

【太陽紫外線のUVAとUVBの月間変動】

※参照元:日本化粧品工業連合会/東海大学総合科学技術研究所

紫外線の無い月が無い!のがまず分かると思います。UVーAは、3月~10月にかけて高い数値で推移しているのが分かります・・・、もはや一年中、紫外線対策ですよね。

UVーBは、5月~9月でピークは8月の傾向が読み取れます。でも、UVーBもゼロになる月がありません。

肌悩みを作っている光りは、UV-AとUV-B

これらがどのような影響を及ぼすのでしょう。私たちにしわ・たるみ・しみ・そばかすとして時間をかけながら表に出てきます。

特に、しわやたるみであれば、年相応のエイジングケアが必要です。しみ・そばかすになると、男性でもどうしても気になってしまいます。

大分年取ったなって、鏡を見て感じてしまう私がいます。同窓会や実家に帰った時に、友達に会ったときに改めて認識してしまいます。

だから、毎日こまめに紫外線対策を続けていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました